がん保険用語集

がん保険を検討する際に出てくるよく使われている用語をまとめました。

さ

災害死亡保険金

[さいがいしぼうほけんきん]

不慮の事故や災害、特定感染症で死亡した際に支払われる保険金。

差額ベッド代

[さがくべっとだい]

正式名称「差額室料」。入院時、健康保険が適用されずで患者負担となるベッド使用料。

指定代理人請求

[していだいりにんせいきゅう]

被保険者が保険金や給付金を請求できない特別な事情があるとき、被保険者に代わって保険を請求すること。あらかじめ指定する必要がある。

自動振替貸付

[じどうふりこみかしつけ]

保険料振替貸付制度とも呼ばれる。契約者の事情により保険料の払い込みを滞り 一定の期間を過ぎた場合、その契約の解約返戻金範囲内で、保険会社が自動的に保険料を立て替えて 契約を有効に継続させる制度のこと。

謝絶

[しゃぜつ]

生命保険契約加入申込を行ったが、被保険の体の欠陥度が高く、保険加入を断られること。

終身払込

[しゅうしんはらいこみ]

保険料を生涯、払い続ける支払いタイプ。
長い間払い続けるため、保険料は割安になるのが一般的。

終身保険

[しゅうしんほけん]

一生涯にわたり死亡した場合、保障が続く保険。遺族に保険金を残す目的が強い保険タイプ。 いつ死んでも途中で解約しない限り、死亡保険金が支払われる。

自由診療

[じゆうしんりょう]

公的な健康保険を使わないで診療を受け、すべての治療費を自己負担すること。
最先端のがん治療・がん治療薬などがこれにあたる。

主契約

[しゅけいやく]

保険の基本となる契約。付け加えるものを特約という。

手術給付金

[しゅじゅつきゅうふきん]

病気や事故が原因で手術を行った際に給付されるお金のこと。

傷害特約

[しょうがいとくやく]

主契約に付加できる特約の一種。これを付加すると契約期間中に不慮の事故や災害で死亡、重度の障害を負うなどした場合、災害保険金もしくは障害給付金が支給される。

据え置き

[すえおき]

払い済み保険のこと。契約が満期となり返還される解約返戻金満期金などのこと。
すぐに受け取らず、生命保険会社に預けておくと利息が付くことが多い。

責任開始日

[せきにんかいしび]

契約した保険の保障責任がスタートする日。保障が始まるまでには待ち期間があり、
その期間中にガンの診断をされても保障の対象とはならず、一般的に契約は無効となる。

先進医療

[せんしんいりょう]

厚生労働省の認可を受けて行われる新しい医療技術のこと。
健康保険の対象外となることが多いが、普及性の高いものは一般の保険診療に取り入れられてきている。


携帯・PHSからも可能資料請求はこちらからまずは相談・お問い合わせ